茨城県動物指導センター 成犬譲渡始まる

平成29年6月24日(土)

茨城県動物指導センターで行われた「犬の譲渡前講習会」に 動物愛護推進員として参加してきました。
本年度、第一回目の譲渡に向けての里親希望様対象の講習会です。

センターの譲渡犬を迎えるにあたり、里親希望者様には書類を提出していただいたり、審査、調査などを経て、この「譲渡前講習会」にご家族で参加していただきます。
講習会の修了書は1年間有効で譲渡会で犬たちとマッチングをしていただくことができます。

1、譲渡申請 (犬の譲り受け申請書・譲渡条件確認書)
2、書類審査
3、事前訪問調査(自宅訪問し譲渡条件確認書と相違ないかチェック)
4、決定通知
5、事前講習会
  【内容】
   ・茨城県の犬猫の現状
   ・適切な動物の飼い方
   ・譲渡するにあたっての注意事項
   ・犬を迎えたらすること(DVD)
  〇修了書の交付 (有効期限1年)
  〇動物収容施設の見学
  〇譲渡犬とのマッチング(お見合い)

譲渡希望犬がいた場合 
6、トライアルに進む(センター職員が犬をお届け 2週間、飼養状況等報告義務あり)
7、正式譲渡 (センター職員が飼い主宅訪問覚書を交わす)
   ※不成立の場合は犬をセンターに返還
8、譲渡後訪問
9、しつけ方教室、センター実施イベントなどに必ず参加
10、アンケート調査などセンターが実施する事業に協力する

このように茨城県のセンターから譲渡犬を迎えることは容易いことではありません。

ただ「保護犬がかわいそう」「犬が好き、可愛い」などの 感情だけでは、動物の命を預かること、犬の一生に責任を持つということが難しいからでしょう。

実際、今まで茨城県動物指導センターで行われていた「子犬の譲渡」では、今回と同じように譲渡前勉強会などが行われていましたが不妊去勢手術などのお約束を守っていただけない里親様がいたということです。

そして、本年度より「不妊去勢手術」を施した「成犬譲渡」となりました。

「成犬譲渡」となったことで
犬のサイズや容姿の変化がほぼなくなります。
そして、センターで職員さんが毎日、犬のお世話をするうちにおおよその気質もわかり、里親希望者様に案内がしやすくなることでしょう。

IMG_0412.JPG

IMG_0420.JPG

多くの登録動物愛護団体にたくさんの犬猫をレスキューしていただき、里親さまに繋いでいただいている茨城県ですが、センターでの譲渡も、より充実したものになりますよう、これからも微力ながらお手伝いできればと思っています。




里親募集(犬) ブログランキングへ

捨て犬・保護犬 ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント