「散歩」への長い道のり

「はのちゃん」は我が家に来る前、茨城県の動物指導センターで過ごしていました

「はのちゃん」は首周りを触られるのが苦手

散歩はできないというお話を伺っていましたが

そのような臆病で人慣れしていない子だということを理解したうえで

里親さまに繋げるべく、我が家でお世話をしたいと思い迎えました

我が家に来て2か月が過ぎ

普通の家庭犬と思えるほどリラックスして良い表情を見せてくれるようになった「はのちゃん」ですが

その時の心の状態や、人の動き、手の動かし方などによっては、いまでも「スッ」と体をかわし、逃げることは多々あります

けれど、前よりずっと柔軟に人の行動を受け入れることができるようになっているのも確かです

少しずつ、成長している「はのちゃん」

首輪をつける練習から、今度は「ハーネス」を付ける練習へとステップアップ

人間の都合で、体になんだかよくわからないものをつけるということは

犬にとってはとても不安であったり、不快なことだと思うのです

ハーネスが好きになってくれますように

IMG_9671.JPG

ゆっくり、ゆっくり、身につける練習をしながら採寸し、

仮ママが「なんちゃってハーネス」を作っています

これは家や庭でつけたり外したりを練習するためのハーネス

首をハーネスに通したり、足の間にハーネスを通したり、バックルを「カチッ」止めたり

何かと「はのちゃん」には不慣れなことが多いので、スムーズに装着できるようになるまで、なかなか時間がかかりそうです

いつか、外に散歩に出られる日が来たら、ちゃんとした「ハーネス」を買おうね

がんばろう!



里親募集(犬) ブログランキングへ

捨て犬・保護犬 ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント