「はのちゃん」の気持ちを尊重する

「はのちゃん」の食事風景です

IMG_8032.JPG

関係もできていない犬たちに食事をしているところを眺められるのは嫌なのです

だから、安心して食べられるように、食事の時はサークル全面を覆ってしまいます

すると、「はのちゃん」のペースで安心して食事ができるようですよ


↓ これはサークルの扉を開けておいたら自分で出てきた「はのちゃん」

IMG_8037.JPG

ゆっくり、ゆっくり、慎重に外へ

我が家の犬たちはきっと「はのちゃん」が出てきていることに気が付いていますが

静かな「はのちゃん」に対し、ほとんど無反応

IMG_8038.JPG

IMG_8040.JPG


そして、少し探検をするとサークルに戻ります

IMG_8042.JPG


このようなことを繰り返しながら

少しずつ、サークルの外の世界へ興味を示しながら

活動範囲を広げていっている「はのちゃん」です

「はのちゃん」の気持ちを尊重したいので

わたしたちはまだ、「はのちゃん」の身体をなでたり、触ったりしていません

たまに、ご飯を手からあげる程度です

「はのちゃん」はとても優しく手からご飯を食べるんですよ

とってもかわいい「はのちゃん」です



里親募集(犬) ブログランキングへ

捨て犬・保護犬 ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント