犬の心情に寄り添う

一晩、ケージで静かに過ごしたセッターくん その間、私たちは何かの用事で彼の近くを通っても まるでそこには何もいないかのように振舞いました。 だって、彼は放っておいてほしいのです。 今、大きな環境の変化を受け入れようと静かに周りを観察しているところ。 彼のペースで受け入れてほしいと思いました。 わたしたちがあーだこーだと声をかける必要もなく それを彼が求めていないことがわかりましたか…

続きを読む